JASDAQ

太陽光発電

環境対策として

日本は京都議定書で1990年を基準年とし、2008年から2012年の間に温室効果ガスを6%減らすことを約束しました。ところが、2007年度の実績では、総排出量が逆に約9%以上も上回っています。
なかでも家庭部門は、1990年から約41%も増えており、排出増の原因になっています。
なぜそんなに増えたのでしょうか?それは、家電製品使用の増加などで、電力使用量が増えたから-家庭からのCO2は、実にその6割以上が電力起因になっているのです。ではなぜ電気が増えるとCO2が増えるのか。それは、電線を通って送られてくる電気の大半が、生み出される時にたくさんの二酸化炭素を出しているからです。

それをどうやったら家庭で減らせるのでしょう?電気は生活に欠かせない大事なエネルギー、電気なくして私たちの生活は成り立ちません。そうです、その答えの1つが太陽光発電なのです。

太陽電池は自然の恵みである太陽の光を電気に変換します。自分の家で使う電気を、自分の家で作り出す-しかも二酸化炭素を全く出さずに。地球温暖化という大問題に家庭が貢献できること-太陽光発電は、間違いなくその答えのひとつなのです。

CO2を年間約30%削減

太陽光発電を設置すると
地球温暖化の一因といわれている
CO2の排出量が減らせます。

4.2kWシステムの場合、大阪市の年間予測発電量は4,909kWh※1となり、CO2の排出削減量※2は年間約1,544kg-CO2に。これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,600kg-CO2※3)の約30%※4が削減できることになります。また、同時に電気代の大幅な節約も期待できます。

削減例イメージ

4.2kWシステムを設置した場合(大阪市 真南設置/設置角度30度の場合)

  • ※1JX日鉱日石エネルギーの発電量シュミレーションによる
  • ※2CO2の発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.3415kg-CO2/kWhで試算。
  • ※3日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,200kg-CO2
    (財団法人 日本環境協会内 全国地球温暖化防止活動推進センター資料より)
  • ※4CO2削減率(%)=CO2削減量(kg-CO2)÷5,200(kg-CO2
  • ※5火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算。

光熱費が約60%節約できます

従量電灯に太陽光発電を取り入れると、年間で約60%光熱費を節約できます。

光熱費の比較イメージ(年額)
(4.2kWシステム 真南設置・設置角度30度、全国平均)

昼間に発電して余った電気は売ることができます

日中、発電した電力を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電気は電力会社に売却することができます。なお、2009年11月からはじまった、新たな買取制度により、売電金額は、従来の約2倍の48円になりました。もちろん、夜間や悪天候時には通常通り電力会社から電気を購入。

 

▼太陽光発電の導入をご検討中の方、導入についてお悩みがある方は是非ご相談ください。

 


サンオータスグループカード バイオディーゼル燃料 太陽光発電 記念日は高級車で SSL グローバルサインのサイトシール

株式会社サンオータス 『JASDAQ証券コード:7623』
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-15太田興産ビル新横浜9階